「幻想水族園」の作家たち①

f0335955_00055064.jpeg

シンボリックなホエールテールのオブジェ。
「幻想水族園」の開催をイメージした時に不可欠だったのが中野由紀子さんのガラスです。

f0335955_00083814.jpeg

京都出身で岡山を拠点に精力的に創作活動をしている人気ガラス作家の由紀子さん。独自の色使いやフォルムの美しさには定評があり、老若男女問わず全国に多くのファンを持っています。
ブルーを基調としたガラスビンや魚モチーフのグラスが店内を爽やかに彩ります。

f0335955_00061472.jpeg
f0335955_19223944.jpeg


               🐟        🐟         🐟

黒田よし子さんは絶滅危惧種のブローチ製作で人気のアクセサリー作家です。

f0335955_00103083.jpeg

今まで製作した生き物は100種類以上。
今回はミュゼの企画展のテーマに合わせ、リクガメ、カブトガニ、ガラパゴスペンギン、メキシコサラマンダーなどのほのぼの優しい刺繍ブローチを作ってくださっています。

f0335955_00114850.jpeg


                 🐟        🐟         🐟


神秘的なクラゲのアクセサリーとフィギュアを出品してくださったMokelembembe(モケーレ・ムベンベ)さんは「身につけて可愛い生き物」をテーマにリアルな動物を作っている北海道の作家。

f0335955_00171305.jpeg
f0335955_00261796.jpeg

自称「生き物オタク」で、レジンで全て手作りされている作品は本物と見間違う程のクオリティで全国にコアなファンを持っています。
今回はアクセサリー作家のBABELさんの紹介でラブコールを送り参加していただきました。

f0335955_00200567.jpeg

…そして、今日その全貌を明らかにしたグラゲルゴン。(毛玉ダイハチ作)

f0335955_00295957.jpeg

グラゲルゴンの襲来から地球を守れっ!

f0335955_00303211.jpeg



by pendant5mois | 2018-07-04 00:07 | Comments(0)

クレド岡山 art space MUSEEのブログ


by ミュゼ