第3回「ミュゼの史学ゼミナール」受講者募集!

毎回歴史好きのメンバーが集まり大好評の史学ゼミナール。

第3回目は「造山古墳」にスポットを当てます。


f0335955_18425175.jpeg

造山古墳は5世紀後半築造の全長350mの巨大前方後円墳です。
内部構造や埋葬者は未調査のため不明。全国第4位( 応神、仁徳、覆中に次ぐ)の大きさを誇る古墳でありながら見学可能で、階段で古墳の上まで登れるのです。( 7月の西日本豪雨により現在は通行不能)

f0335955_18450311.jpeg
f0335955_18451556.jpeg

未だ謎が多い造山古墳の魅力を、古墳にコーフン協会 」吉備支部長 藤本裕一郎氏が熱く語ります!

f0335955_18430717.jpeg

まず、造山古墳で撮った岡山出身の作曲家、プレーヤー山路真美さんのpvを動画で紹介します。
場所、大きさ時代などの概要、周辺の古墳を説明。出土物、埴輪、石棺を主に紹介、それから何がわかるかを考えます。
誰がいつ頃どこで作ったか、関連があった地域との交流、築造経費算出、期間なども数字で出しています。
その後、古墳の持つ意味と目的を考えます。それと前方後円墳の形と設計原理を紹介します。(設計原理は、岡大の教授だった新納先生の研究結果)
最後に吉備の代表的な古墳も紹介します。
                                     藤本裕一郎

f0335955_18454521.jpeg

石棺の1/25モデルを藤本氏自らリアルに再現!
f0335955_18433601.jpeg


    「ミュゼの史学ゼミナール」

第3回テーマ:「造山古墳」
講師 :   藤本裕一郎 ( 「古墳にコーフン協会」吉備支部長 )
場所 : クレド岡山3階 アートスペースミュゼ
日時 : 10月14日(日)   15:00 〜 16:30
参加費 :  600円 (ドリンク付き)
申込み : アートスペースミュゼ 090-357-3104

f0335955_18461149.jpeg







by pendant5mois | 2018-10-01 18:41 | Comments(0)

クレド岡山 art space MUSEEのブログ


by ミュゼ